朝日新闻吧
关注: 497 贴子: 4,458

面向广大知识分子,“高雅而不俗”的报纸

  • 2
     戦前から戦中にかけて、新聞や雑誌はときに検閲で発禁処分となり、損失に苦しんだ。印刷を終えたのに販売できなくなるからだ。それゆえ問題になりそうなところを先回りして、伏せ字や削除をする例が多かった▼作家の石川達三が日中戦争に従軍して書いた小説『生きている兵隊』は雑誌の初出では例えばこんな感じだった。「兵士たちは自分等が×××××××××はなった」。伏せ字は「宿営した民家に火を」である▼日本軍をめぐる赤裸々
    niangnan 16:42
  • 2
     排水ポンプの駆動音が鳴り響く中、住民たちが浸水家屋から戸棚や冷蔵庫を運び出す作業に追われていた。きのうの午後、多摩川に近い川崎市高津区の住宅街を歩いた。台風19号による被災地のひとつである▼「自宅3階で目覚め、早朝、1階に下りたらソファがプカプカ浮いていました。1階が水没したのは初めてです」と地元の40代男性。台風一過の秋空の下、どろを拭く作業に汗を流した。終わりの見えない作業にため息をつく▼現
    荒野阿Q 10-14
  • 0
     急に先生が変わってびっくりしたね。ごめんね――。担任する児童らに宛てた长文のメッセージの内容が痛々しい。  神戸市立东须磨小の教员间で暴力や嫌がらせが缲り返し行われていた。被害を受けた20代の教员4人のうち、体调を崩して休んでいる男性教员のケースがとりわけひどい。  市教委によると、30~40代の男女の教员4人が加害行为を行っていた。ロール纸の芯で男性の*をたたいたり、男性の车の上に乗ったりしたほか
    雪頓 10-14
  • 0
     記録的な大雨による広域災害である。国が先頭に立って、被害実態の把握と人命救助に全力をあげなければならない。  台風19号の影響により、東日本から東海・中部にかけての広い範囲で、河川の氾濫(はんらん)や土砂崩れなどが相次いだ。死者・行方不明者は40人を超え、浸水で孤立した地域も多い。被害はさらに広がる恐れがある。  災害対応は初動が肝心だ。政府は自治体と緊密に連携し、先手先手で人員の配置や物資の投入
    雪頓 10-14
  • 3
     19世紀の終わり、すでに電気自動車はロンドンのまちを走っていた。乗合馬車に代わる電気タクシーで、その音の特徴から「ハチドリ」と呼ばれた。パリやニューヨークでも人気だったと『RE:THINK(リシンク)』(スティーブン・プール著)にある▼騒音が小さいこともあり期待は大きかったが、ガソリン車に敗れる。大規模な油田が発見されてガソリン価格が下がったのが一因だ。当時の電池では、長距離を走るのにも限界があ
    niangnan 10-13
  • 2
     きのうは着替えや洗面具を携えて駅に向かった。東京都心で列車が運行を止め、帰宅できない場合に備えた。駅前の商店街は早々と店を閉め、ドアには×や+、*の形にテープが貼られている。ガラスの飛散を防ぐための工夫らしい▼ふだんなら週末の乗客でごった返す新宿駅も閑散としていた。応対に追われる駅員の姿はない。運行再開を待つ人々の列も見ない。台風に備えた「計画運休」が私たちの生活にすっかり浸透したと実感する▼初
  • 1
     平和的なデモに当局が銃撃を浴びせ、多くの死傷者を出した。中東の流血や弾圧に再び民衆の怒りが高まっている。  イラクのバグダッドや南部の都市でデモが広がり、治安部隊と衝突した。部隊は実弾を発砲し、死者は100人、負傷者は6千人を超えた。  一部が暴徒化したとはいえ、許されない武力行使だ。イラク政府は即座に暴力をやめ、責任の所在を究明すべきである。  03年のイラク戦争以降、この国の混乱は収まっていない
    niangnan 10-13
  • 2
     1980年代の話である。脚本家の山田太一さんは、自宅ではなくアパートを借りて仕事をしていた。電話に邪魔をされたくないからだが、困るのは食事だ。深夜、空腹に耐えかねて外に出ても開いている店はない▼そんなときに道路に漏れる灯(あか)りが見えた。新聞で読んだことのある24時間営業のコンビニらしい。「これかァ。これなんだ。オレみたいなのが、都会にはきっと商売になるくらいいるんだ」とエッセーに書いている▼
  • 1
     不安定な中東地域をいっそう混乱させる身勝手な軍事行動である。トルコはただちに攻撃を中止すべきだ。  内戦が8年間におよぶシリアの北部に、隣のトルコ軍が越境作戦に踏み切った。この付近を支配するクルド人勢力を排し、トルコのための「安全地帯」をつくる狙いとみられる。  クルド側は抗戦する構えで、シリアのアサド政権も反発している。国境付近で戦乱と市民の犠牲が拡大するのは必至だ。  トルコではテロが散発的にお
    niangnan 10-11
  • 0
     人類に最大の恩恵をもたらした人をたたえようというノーベルの遺志にかなう、持続可能な地球をつくる業績だ――。スウェーデン王立科学アカデミーのコメントが、その価値を余すところなく伝えている。  今年のノーベル化学賞を旭化成名誉フェローの吉野彰さんが受賞することになった。リチウムイオン電池の実用化に道を開いたことが評価された。  小型なのにパワーがあり、スマホやノートパソコンに欠かせない電池だ。電気自動
    雪頓 10-11
  • 0
     当然行うべき捜査を怠り、無実の人を逮捕した。自白を強要するような取り調べもあった。謝罪では済まされない。尊厳を傷つけ、人権を侵害した責任を明らかにするべきだ。  タクシーを降りた際に運転手のバッグを盗んだとして愛媛県警松山東署が7月、松山市内の20代の女性を逮捕したが、女性は不起訴となり、県警も誤認逮捕を認めた。県警が今月、その捜査の検証結果を公表した。  ずさんさにあぜんとする。  報告によると、
    雪頓 10-9
  • 3
     「腐っても鯛(たい)」「海老(えび)で鯛を釣る」などのことわざは、どれもタイが魚の王様であることをうかがわせる。「金目のものを釣るなら真鯛(まだい)か伊佐木(いさき)」という身もふたもない言い方もあると『釣りと魚のことわざ辞典』に教わった▼そんな値段の張る魚の代名詞であるタイが、ついにサンマの後塵(こうじん)を拝したらしい。東京の豊洲市場では、1キロあたりの北海道産生サンマの卸値がマダイを上回っ
  • 0
     情熱をはき違えて暴言や暴力に走ることも、それを容認することも、あってはならない。  サッカーJリーグのJ1湘南がチョウ貴裁(チョウキジェ)監督の退任を発表した。悪質なパワーハラスメント行為が明らかになったのを受けたものだ。クラブを去るのは当然で、むしろ遅きに失した。事後対応のまずさも加わり、サッカー界が失った信頼の大きさ、傷の深さは計り知れない。  7月に日本サッカー協会に匿名通報があり、Jリーグ
    雪頓 10-9
  • 3
     彼に匹敵する素質を持った投手が今後出現したとしても……と、元巨人の強打者、青田昇さんが書いている。「彼のような精神的なしたたかさ、がめつさを併せ持つ男は、絶対出てこない」。名投手金田正一(まさいち)さんへの賛辞である▼例えばキャッチャーフライになりそうな打球が上がる。金田さんは安堵(あんど)するどころか、捕手に「捕るな!」と声をかけたというのだ。三振の記録を伸ばすため、フライでアウトにしたくない
    荒野阿Q 10-8
  • 0
     臨時国会の開幕に際し、立法府が行政監視機能を立て直す出発点は、政権が説明責任に真摯(しんし)に向き合うことだと書いた。しかし、きのう衆院で始まった代表質問に対する安倍首相の答弁を聞く限り、議論を深めようという姿勢は欠けていたと言わざるを得ない。  野党統一会派を代表して質問に立った立憲民主党の枝野幸男代表は、関西電力、あいちトリエンナーレ、NHKの「3点セット」を取り上げた。  関電役員らの金品受
    雪頓 10-8
  • 0
     使い捨てプラスチック製品の乱用に歯止めをかける、確実な一歩にしなければならない。  政府は先月、スーパーやコンビニなど全ての小売店でプラ製レジ袋を無料配布できなくする案を、有識者会議に示した。広く意見を聞いたうえで容器包装リサイクル法の省令を改め、来年4月の実施をめざす。  消費者は、買い物の際にマイバッグを持参する習慣をさらに徹底させる。業界は環境負荷の小さい素材の導入や、紙製の袋の活用などを進
    雪頓 10-8
  • 2
     他人に触れられるとくすぐったい足の裏やわきの下が、自分の指で触れるとくすぐったくない。なぜなのかと真剣に探究したのは古代ギリシャのアリストテレスである。到達した答えは「自分の指では動きが予測できるため」▼触覚が専門の仲谷正史(なかたにまさし)・慶応大准教授(40)によると、海外の学者がMRIを使って、くすぐり行為と脳の反応を調べたところ、アリストテレスの推理は正しかった。「万学の祖」と呼ばれた彼
    荒野阿Q 10-7
  • 1
     福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制起訴された裁判で、検察官役の指定弁護士が控訴した。  無罪を宣告された者を被告の立場におき続けることの是非については、かねて議論がある。だが、東京地裁の無罪判決には承服しがたい点が多々見受けられ、指定弁護士が高裁の判断を求めたのは理解できる。  例えば、判決は「事故を防ぐには原発の運転を停止しておくしかなかった」と断じている。指定弁護士は、防潮
    niangnan 10-7
  • 4
     入院時に病院着やパジャマで悩んだことはないだろうか。診察や治療には好都合でも、着る物が選べないのは少し寂しい。見舞いに来てくれた知人に、ふだん見せない寝間着姿をさらすのも恥ずかしい▼「病院でもおしゃれで着心地のいい物を身につけたい」。静岡文化芸術大学の藤井尚子(なおこ)准教授(50)は、闘病中の義母(故人)に言われた。病院から支給されたのは浴衣型の寝間着。胸の部分が開きすぎていた。病気で痩せた体
    荒野阿Q 10-7
  • 0
     関西電力の首脳らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受けとっていたことが明るみに出て、原発につきまとう問題があらためて浮かび上がった。金品の受領にとどまらず、議会を含む自治体の協力を取り付けるための不透明な行動や、それを見逃す企業体質である。  他の電力会社にも厳しい視線が向けられている。業界あげて襟をたださなければ、原発の再稼働を求めることにすら理解を得られないだろう。  現金や商品券、金貨に
    雪頓 10-7
  • 0
     国と地方は上下・主従ではなく、対等・協力の関係にあるという地方分権の原則を、踏み外した判断というほかない。  ふるさと納税の対象から大阪府泉佐野市を外したことについて、再検討を求めていた第三者機関・国地方係争処理委員会の勧告を無視するような結論を、総務省が出した。  ふるさと納税は6月、総務省が指定した自治体への寄付のみが対象となるしくみに変わった。法律に基づいて総務省が定めたルールでは、かつての
    雪頓 10-7
  • 0
     沖縄県民の民意を置き去りにし、米国との関係を優先する。安倍政権の強引な手法が、いっそうあら
    雪頓 2-7
  • 0
     ようやく臨時国会が始まった。野党の立憲民主党や国民民主党などが統一会派を組んで臨む初めての国会である。山積する内外の課題に対し、与野党がともに真剣に議論を戦わせ、行政監視機能を果たさねばならない。立法府の役割を取り戻す正念場である。  きのうは安倍首相の所信表明演説があった。この1日に10%に引き上げられた消費税については、軽減税率導入などの対策を列挙し、「国内消費をしっかりと下支えする」と語っ
    雪頓 10-5
  • 2
     「わしの助役は、厄よけの方の『除厄』である。悪いことは何でも背負い込んでいくから、諸君はふりむく必要はない」。戦後の復興期、名古屋市の助役として腕をふるった田淵寿郎(じゅろう)は就任の訓示で市職員を励ました▼田淵は先駆的な都市設計で知られる。「大ぶろしき」とあだ名されたが、自動車社会の到来を見越して市街地を買収。道路や公園の用地にあてた。10年あまり助役を務め、地下鉄や港湾の整備にも力を注ぐ。暮
  • 2
     昭和4(1929)年の秋晴れのある日、斎藤茂吉ら4人の歌人が本社機コメットに乗り込んだ。題して「空中競詠」。飛行機で旅する人がまだ少ない時代、高名な文人がどんな感興を機上で抱くのか関心を呼んだ▼〈飛行機にはじめて乗れば空わたる太陽の眞理を少し解(かい)せり〉。茂吉、47歳にして初めての空の旅である。緊張のあまり前夜は睡眠薬を飲んだ。〈雲のなか通過するときいひしらぬこの動揺を秀吉も知らず〉。太閤秀
    荒野阿Q 10-2
  • 4
     約250万年前、人類は石器を作ろうと石をたたき始めた。これが人類にとって最初の人工的な不快音ではないか――。英研究者マイク・ゴールドスミス氏が自著『騒音の歴史』で推測している。カエルもどうやら人の出す雑音に悩まされているらしい▼北海道大学の研究者たちは2年前、札幌市内でニホンアマガエル76匹を採取し、動きと自動車騒音の関係を調べた。録音した走行音を響かせると、カエルの平地での移動距離は実に3割も
    荒野阿Q 10-2
  • 0
     民族差別を助長し、集団虐殺を容認するかのような言動は一線を越えており、国会議員としての資質を明らかに欠いていると言わざるを得ない。  動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された、NHKから国民を守る党(N国)の立花孝志党首の対談中の発言である。  立花氏は、戦争を防ぐには世界の人口を抑制する必要があるとの考えを示したうえで、そのためには「『アホみたいに子どもを産む民族はとりあえず虐殺しよう』みたい
    雪頓 10-2
  • 0
     消費税の税率が5年半ぶりに上がり、10%になった。  当初は2015年10月の予定だったが、安倍首相が2度先送りした。今回は、2%分の増税で景気の足を引っ張らないことを最優先に、国の増収分を上回る2兆円規模の対策を積んだ。  ■本来の目的はどこに  キャッシュレスでの買い物への9カ月間のポイント還元策では、店によっては増税分より多い5%分のポイントをつける。子育て世帯などには、25%分のプレミアムが
    雪頓 10-1
  • 1
     先日、出張先の札幌市で地元のスーパーに立ち寄った。「新物」「入荷」の貼り紙に誘われて魚介売り場をのぞくと、地元産の「生筋子(すじこ)」が並んでいた。袋状のサケの卵巣がドサリと置かれ、買い物客が目を皿のようにして選んでいた▼本場・北海道ではイクラ作りの季節を迎えた。家々で、筋子の袋から取り出してバラバラにほぐし、塩やしょうゆで漬けこむ。北海道の食文化に詳しい北翔大学の小田嶋政子名誉教授(70)によ
  • 0
     地球温暖化にともなって、近年、海面が上昇するペースが加速している――。そんな特別報告書を、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がまとめた。  温室効果ガスの排出を減らさないと、高潮などの災害や漁業の不振が深刻になり、命や暮らしが脅かされる恐れが大きくなるという。四方を海に囲まれた日本は、強い危機感をもって対策を急ぐべきだ。  IPCCは世界の科学者でつくる組織で、温暖化について総合的に分
    雪頓 9-30
  • 1
     戯曲の名作『ゴドーを待ちながら』で知られるノーベル賞作家ベケットは高校時代、ラグビー部の主将だった。故国アイルランドの有力紙によれば、眼鏡なしでは目がよく見えなかったものの「ライオンのように勇猛果敢」な攻めを見せたという▼長く暮らしたパリでも、ことラグビーとなるとアイルランドを熱心に応援。英紙ガーディアンを読むと、ラグビーの試合の放送がある土曜日は、面会の約束を入れないことで知られたそうだ▼開催
  • 13
     「拝啓 皆様にはお変わりはございませんか。私も元気に軍務に励んでおります」。大戦末期、特攻隊員だった山崎祐則(すけのり)さんは2年間で100通を超す手紙を高知県内の実家や親族宅に書き送った▼「私たちは決戦部隊ですから、訓練できしだい○○空に帰り、すぐ○○方面に空輸されます」。移動予定や人数は伏せられている。旧制中学時代に「青空高士(あおぞらたかし)」という筆名で漫画集を自作した腕前で、手紙の余白
    噗世界 9-28
  • 2
     英語で「私は二つの帽子をかぶっている」といえば、二つの役割を担っているという意味になる。米国で帽子は、自分がどういう人間かを示す小道具でもある。映画監督マイケル・ムーア氏の野球帽からは労働者階級の心意気が伝わる▼カウボーイハットは牛を育てる人の誇りであろう。そんな帽子の男たちが、日米貿易協定をめぐる首脳会談の場に招かれていた。「日本の人々にとって今日はすばらしい日だ。もっと米国の牛肉を買うことが
    荒野阿Q 9-27
  • 0
     安倍首相の「ウィンウィン」という説明は、にわかに受け入れがたい。  1年前に交渉開始を決めた日米貿易協定が最終合意した。米国産の牛肉や豚肉の関税は、環太平洋経済連携協定(TPP)の水準に下げる。この米国側の要求をのんだのに、日本製の乗用車や自動車部品に米国がかける関税削減は先送りされた。  来年の大統領選を前に、トランプ氏が支持基盤の農家向けの成果を急ぎ、日本側を押し切ったのだろう。首脳会談の会場
    雪頓 9-27
  • 0
     表現行為や芸術活動への理解を欠く誤った決定である。社会全体に萎縮効果を及ぼし、国際的にも日本の文化行政に対する不信と軽蔑を招きかねない。ただちに撤回すべきだ。  脅迫や執拗(しつよう)な抗議によって企画展の一つが中止に追い込まれた「あいちトリエンナーレ」について、文化庁が内定していた補助金約7800万円全額を交付しないと発表した。前例のない異常な措置だ。  萩生田光一文部科学相は「申請のあったとお
    雪頓 9-27
  • 0
     来月4日召集の臨時国会を前に、自民党が改憲論議に臨む新たな体制を固めた。安倍首相は原案作成を目標に掲げるが、改憲ありきでは、与野党の対立をあおり、冷静な議論にはつながらないと心得るべきだ。  首相は先の内閣改造後の記者会見で、衆参両院の憲法審査会において、今後は「自民党が強いリーダーシップを発揮していくべきだ」と語った。この2年間、衆院憲法審で実質審議が一度も行われなかったことに業を煮やしたのだ
    雪頓 9-26
  • 1
     彼岸花ほど、各地でさまざまな呼び名がある花も珍しい。すっとした立ち姿、鮮やかな赤い色が、土地により人により、多様な連想を呼び起こしたのだろう。キツネノタイマツの名は、松明(たいまつ)のように周りを明るくする感じが伝わってくる▼オイランバナは、その艶(あで)やかさゆえに名付けられたか。妖艶(ようえん)というより妖気だと思うなら、ユウレイバナと呼びたくなるのも分からないでもない。手元の資料によると、
  • 0
     気候変動の危機を乗り越えるには、具体的な行動を起こさねばならない。地球温暖化対策の国際ルール・パリ協定のスタートを来年に控え、国連で気候行動サミットが開かれた。  「我々は気候非常事態との競争に負けつつあるが、勝つことはできる」。グテーレス国連事務総長は、そう訴えた。各国は危機感を共有し、より強力な対策に取り組むべきである。  パリ協定は、産業革命以降の気温上昇を2度未満、できれば1・5度未満に抑
    雪頓 9-25
  • 0
     役所の名称とは裏腹に、消費者・市民に寄り添っているとは言いがたい決定だ。  ゲノム編集技術を使った食品について、消費者庁は先週、遺伝子の配列をわずかに変えただけなら、編集した旨の表示を事業者に義務づけることはしないと発表した。既存の品種改良との区別が難しく、たとえ義務化しても違反者を特定することができないため、としている。  消費者団体などが批判の声を上げたのは当然だ。朝日新聞の社説は、科学的に安
    雪頓 9-25
  • 4
     ケストナーの絵本『どうぶつ会議』に出てくるゾウやキリンたちは、可愛くも毅然(きぜん)としている。国際会議を重ねても平和を実現できない人間たちに対抗して、世界中から集まってくる。このままでは人間の子どもたちが戦争に巻き込まれ、あわれだからと▼「平和のために国境をなくせ」と各国政府に要求するが聞き入れられず、ついに非常手段に出る。世界の子どもたちをすべて連れ去り、ほら穴などに隠してしまうのだ。一種の
    荒野阿Q 9-24
  • 0
     アイヌの人々が民族の誇りをもって生活できる社会を実現する――。そううたうアイヌ施策推進法が今春に成立・施行されたのに続き、政府は今月、基本方針を閣議決定した。  推進法はアイヌの人たちが先住民族だと明記し、差別を禁じ、国と自治体に施策を実施する責任を課した。基本方針では、日本が近代化する過程でアイヌの人たちが差別され、貧窮を余儀なくされた歴史的事実を受け止めねばならないと指摘。アイヌ文化の復興・
    雪頓 9-24
  • 0
     千葉県内を中心とした大規模停電は、9日の台風15号上陸から2週間たっても2千戸以上に電気が届かぬ事態が続いた。  食事や入浴すら思うにまかせない苦労はいかばかりか。東京電力は一刻も早く完全復旧を果たしてほしい。  停電が広がり長引いた事態の検証は当然すべきだが、すでに課題や教訓が浮かんでいる。  大規模停電の主因は、2基の鉄塔と推定2千本の電柱の倒壊・損傷だ。秒速40メートルの風に耐える設計なのに対
    雪頓 9-24
  • 0
     前例・慣行にとらわれたり、「今さら」とあきらめたりせずに、大胆な変更や発想の転換をためらうべきではない。  東京五輪・パラリンピックのテスト大会がこの夏、屋外競技を中心に相次いで行われた。深刻な課題として改めて突きつけられたのが猛暑対策だ。  五輪期間である7月24日から8月9日までの17日間、都心の気温は連日30度以上を記録。湿度や日射も加味した暑さ指数で「運動は原則中止」とされる日は、14日間
    雪頓 9-23

  • 发贴红色标题
  • 显示红名
  • 签到六倍经验

赠送补签卡1张,获得[经验书购买权]

扫二维码下载贴吧客户端

下载贴吧APP
看高清直播、视频!

本吧信息 查看详情>>

小吧:小吧主共1

会员: 编辑

目录: 新闻资讯